いよいよ高松宮記念だ!!


さて、過去五年のデータを見る限り。
過去5年で3着以内に来た15頭のうち、12頭までもが。
サンデーサイレンスの血が入る馬だった。
ちなみに、サンデーサイレンスの血を持たなかった馬は。

キーンランドスワン

シーイズトウショウ

キーンランドスワンが二年連続複勝圏に来ているため実質は2頭。
シーイズトウショウはサクラバクシンオーのトップクラスの子供。
それでも、3着がやっと。

先行できるSSの血を継いだ馬が有利であるといえる。

有力馬でいうなら。

ファリダット
ファイングレイン
キンシャサノキセキ

面白そうなのは。
実績的に見て、アーバンストリート。

スウェプトオーヴァーボードの産駒としてはかなりのレベルだと思われ。

3着以内には来るのではないか。

そんなふうに思うわけです。

外の差し馬は、軸にはできないのも特徴ですね。

タグ:高松宮記念

第46回弥生賞・馬場は荒れそう。


さて、今週末に迫った弥生賞。

馬場は荒れそうで。

道悪が得意な血統が台頭しそうです。


先週の中山競馬場のデータが役に立ちそうですね。

父親か母父にノーザンダンサー系を持つ。
ロベルト×ヘイロー。
もしくは。
ノーザン×ノーザン

という血統でも可。
という感じです。

そして、芝の道悪の鬼のトニービン。

血統を考えながら。
馬の実力を加味すると。

セイウンワンダー(グラスワンダー/サンデーサイレンス)
は3着は堅そうです。

ロジユニバース(ネオユニヴァース/ケープクロス)
もヘイローとダンチヒ系で適性はありそう。

血統的には。
ハイローラー
リアライズナッシュ
キタサンアミーゴ
レオウィザード

が来そうですね。

ただ。
重馬場以上に限りです。

稍重では、血統優位はそんなに出ずに実力で決まると思います。

でも、この弥生賞に会えて残った馬は。
天気が悪いとわかっていて残った馬。

何かが起こる。
そう思いませんか??


万馬券。
でちゃうかもしれませんね。
タグ:馬場 道悪

第46回報知杯弥生賞の展望 穴馬はどの馬??


第46回弥生賞。

強豪が出揃ったという感じはある。

このレースで勝った馬がクラシックの主役になる。

今年のメンバーはそれぐらい揃った。

実力が抜けているのは。
ロジユニバース
そして、2歳チャンピオン・セイウンワンダー。

その下に、アーリーロブスト・アントニバローズ。

荒れない。

そんな感じがするが。

一頭、面白い馬がいる。

それは。
キタサンアミーゴ

正直、実績で言うと絶対勝てっこないメンバー。
なのに、あえての出場。

理由は。
タイム。

6着に敗れた福寿草特別のタイムはアーリーロブストの勝った京成杯より速いタイム。

速いタイムが出やすい馬場だったとはいえ。

やはり。

という期待はある。
ただ、血統的には中山の2000の重賞をこなせるかというと。
どうだろうか。

トニービンが母父にあって、パワーはありそうだが。。。。

土曜の様子を見たいと思います。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。