第26回フェブラリーステークス・騎手のコメント


先週、フェブラリーステークスの前日に行われた京都記念で、四位騎手の乗るアサクサキングスが勝ちました。

きさらぎ賞ではベストメンバーに騎乗し、自分の騎乗に納得していなかった四位騎手が見事リベンジ。

レース後の騎手コメントはやはり要チェックですね。

まずは。
2位・カジノドライブの安藤騎手
「強いところとやっていれば、もうひと伸びできた」
とのこと。
センスのあるところを認めて、カジノドライブのこれからの飛躍を期待しているようでした。

3位・カネヒキリのルメール騎手。
「疲労があっ。パーフェクトな騎乗はできたが、もう少し流れの遅い競馬だったら」
こちらもさばさばしている。実際見てても、あれが最高の競馬だったろう。

4位・エスポワールシチーの佐藤騎手。
「思った通りのレースはできた。ペースのあげさげができたら、G1は狙える」とのこと。

佐藤騎手もさばさば。

5位・フェラーリピサの岩田騎手。
「流れには乗れた。この相手にここまでやれたことは、今後につながる」とのこと。

岩田騎手もさばさば。

6位・ヴァーミリアンの武騎手。
「1分35秒台の決着だったら。4コーナーで置かれてしまったけど。状態は本当によかった」
とのこと。

武騎手だけ、悔しそうなコメント。7位以下、みんな力は出し切ったというさばさばしたコメントでした。

むしろ、強烈に悔しそうなのが。
カネヒキリの角居調教師。
「こういう厳しい競馬だと元気が残っている状態じゃないと厳しかった」と唇をかんだ、と新聞にはあった。

実際、唇をかんだりはしてないとは思いますが、それだけ悔しかったのでしょう。

レコードタイムと同タイムで走って。
上がりはメンバー中、カネヒキリは最速。

世代交代といわれても。

カネヒキリより、若い馬だってペースに戸惑っていた。

「力負け」ではないし。
まして。
カネヒキリの場合、年のせいで負けたわけでもない。

敗因は、内枠外枠の有利不利ではなかったのか。
外枠が有利だろうことは、過去のフェブラリーの成績を見てもわかることですし。

今回、悔し涙を飲んだのは、武騎手と角居調教師。

怖い2人です。

開催が変わっての2人の関係する馬には注目ですね!!



第16回平安ステークス 騎手のコメント共に回顧


第16回平安ステークス!!

次の牝馬特別に向けて、まずここから反省です!!

まず、2着だったエスポワールシチー佐藤騎手。

「休み明けだから仕方ない。ゴールの差は、レース中集中してたのと直線だけ集中してたのとの差」

んんんん??

どっちが一着のことでどっちが二着が微妙にわからない。。。。

直線で集中がきれちゃってということか。

3着・マコトスパルビエロの安藤騎手。
「それなりに伸びているけど、そんなに切れるタイプじゃない。一時期よりは良くなっている」
とのこと。

早い時計決着だと今後も狙いにくいかも。

4着・ネイキッドのデムーロ騎手。
「いいレース。力は出せた」とのこと。
後のルメール騎手もそうだけど。
最近、コメントが適当。全盛期の力がないというよりは、やる気がない。かといって。適当に稼ぐつもりはあるだろうから、消すに消せない。。。。。

5着・ダガノエクリプスの幸騎手
「もっと前で乗るつもりだったとのこと」
そうですね。としか言えない(笑)

6着・マイネルアワグラスのルメール騎手
「いい感じで運べたが仕掛けが遅くなった。いずれ大きいレースでチャンスがある馬」とのこと。
先行有利の中で、仕掛けが遅れるとかを平気で言えるルメールに一時期の気勢はない。
まあ、ダート戦でダートのない欧州のジョッキーを推した僕がアホやった。頼むから、関東に行ってくれ外国の騎手は(笑)

7着・ダークメッセージの川田騎手
「三角すぎから行っていい脚を使ったが前も止まらない流れ」
とのこと。

8着・サンライズバッカスの岩田騎手
「前が塞がって前に行けなかったとのこと」
岩田騎手への流れが悪い気がする。
こういうときは、季節が変わるまでそんな感じな気もするなぁ。

9着・エアアドニスの幸四朗騎手
「かかる面があり、外の枠が良かったとのこと。

10着・ナナヨーヒマワリの小原騎手。11着のロールオブダイスの四位騎手・12着バスフェルの渡辺騎手。

馬はよくなっているとのこと。

状態はよくなっても。。。。ということか。

さて、反省ですが。

うち枠有利にもほどがあるということで。

レース見ててもこらあかんわ。という感じでした。

京都牝馬特別こそは当てる(毎回言ってますが)


日経新春杯 レース後の騎手のコメント


スポーツ新聞に載っているレース後の騎手のコメント(言い訳?)を少し見ていきたいと思います。
今後、その馬たちを買うか消すかの参考になりますからグッド(上向き矢印)

日経新春杯(2009年)のレース後の騎手のコメント。

2着・ナムラマースの小牧騎手
いつもより、早めに動いてメンバー最速のあがりも。もう少し、ためたほうがこの馬にはいい、とのこと。
展開に左右されるのは、相変わらずということでしょうか。

3着・タガノエルシコの藤岡騎手。
このメンバーでも、しっかり伸びれた。いずれはオープンでも。とのこと。
やはり、このレース。がちがちに勝ちに行ったようではなかった。それで、3着なのだから。成長次第では、化けるかもしれない。


4着・ホワイトピルグリムの秋山騎手。

雨で踏ん張れなかった、とのこと。
雨でぬかるんだ上を走るのは得意ではないのだろう。ぐちゃぐちゃになるほど雨が降ったらまた違うのかも。

5着・アドマイヤモナークの川田騎手。

直線で失速、したとのこと。
見えない疲れがあったのだろう。

6着・メイショウクオリアの岩田騎手。

気合いは乗っていた。4角でごチャついたときに、先頭と離された、とのこと。
ということは、体がついていかなかったということか。体を絞ってきたら注意ということか。

注目は、8着・ドリームフライトの西田騎手。
このメンバーでも、直線差を詰めることができた。
オープンでやれる自信がついた。
ということでした。

ただひとりの超強気(笑)

ドリームフライトの手ごたえが相当良かったのでしょう。敗因は、馬の能力の過小評価でしょうか。

今後の動向に注目です。


次回のヒントになりそうな部分を拾ってみました。

注目は、メイショウクオリアとドリームフライトです。
次走。

体ができた二頭は、馬券に絡んでくるかもしれません。


競馬新聞の、調教の欄は必ずチェックですね。


分析って、難しいですね〜。

でも、これからいろいろ勉強していこうと思います!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。