2009年3月7日・中山競馬場。芝のシュボババ


2009年3月7日
中山競馬場

晴・稍重

11R
1200M
マンハッタンカフェ/アファームド・フォーマルディナー(ボールドルーラー)/クルセイダーソード(テディ)

7R
1600m
タイキシャトル/ブライアンズタイム・ブライアンズタイム・デヘア(ヴァイスリージェント)

9R
1600m
クロフネ/サンデーサイレンス・シンボリクリスエス・スマートストライク(ミスタープロスペクター)

10R
1800M
オペラハウス/ダンジングブレーヴ・クロフネ/ルビアノ(ミスタープロスペクター)


顕著な傾向はみられないが。
クロフネ。

ブライアンズタイムの血が見られる。

ロベルトとヴァイスリージェントの血脈が相性がいいのかもしれない。
ネイティブダンサーの血を持っている馬も好走している。

これらをもとに弥生賞を考察します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。