第46回報知杯弥生賞の展望 穴馬はどの馬??


第46回弥生賞。

強豪が出揃ったという感じはある。

このレースで勝った馬がクラシックの主役になる。

今年のメンバーはそれぐらい揃った。

実力が抜けているのは。
ロジユニバース
そして、2歳チャンピオン・セイウンワンダー。

その下に、アーリーロブスト・アントニバローズ。

荒れない。

そんな感じがするが。

一頭、面白い馬がいる。

それは。
キタサンアミーゴ

正直、実績で言うと絶対勝てっこないメンバー。
なのに、あえての出場。

理由は。
タイム。

6着に敗れた福寿草特別のタイムはアーリーロブストの勝った京成杯より速いタイム。

速いタイムが出やすい馬場だったとはいえ。

やはり。

という期待はある。
ただ、血統的には中山の2000の重賞をこなせるかというと。
どうだろうか。

トニービンが母父にあって、パワーはありそうだが。。。。

土曜の様子を見たいと思います。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。