第49回きさらぎ賞の展望や予想


きさらぎ賞の展望を書いておきたい。


どうも。


1分48秒前半というのが、きさらぎ賞の決着するタイムのようだ。

過去5年で一度だけ、1分47秒台の決着があった。

1位にドリームパスポート
2位にメイショウサムソン

のときである。

ドリームパスポートはこのあと、たびたび穴馬券に絡んでいるので。

きさらぎ賞を1分47秒台で走る馬は今後追いかけていいと思う。


そんなわけで。

リーチザクラウン

は未勝利戦で1分47秒台で走っており、能力は破格。

さらに、ダノンカモンも優秀なタイムを持っており、注目です!!


後は、調教の様子だったりが気になるところですが。

この2頭をマークしてればいいかなぁとか。
そんなことを思っています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114125287
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。