高齢馬の活躍


ちょっと前まで、馬の年齢は能力の壁となっていた。

スタミナのいる長距離レース。
最後の直線でのスピード勝負となるレース。

年齢による衰えを感じさせる馬が多かった。


けれど。

今は。
カイバがよくなり。
医療が進歩する中で。

高齢になっても衰えない馬が多くなってきた。



カネヒキリやヴァーミリアンなんか昔の馬の年齢だと、8歳。

引退してしかるべきの年齢。


カネヒキリにいたっては、もう、屈健炎から復帰してG1連勝である。

時代は進歩する。

進歩しなくてはいけないと思う。


怪我によってたくさんの名馬を失ってきた。


競馬に故障はつきものとはいえ、やはりそれは悲しい。


ということで。

フェブラリーはカネヒキリ。

そんな単純なのではダメでしょうか。。。。


PS
最近、メルマガをはじめました。
ブログではなかなか伝えづらい情報ですので、よろしければ購読してみてください。購読といっても、無料ですので。興味があれば、サイドバーの申込フォームで登録してくださいね☆
タグ:高齢馬 活躍

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。