きさらぎ賞とダイヤモンドSの調教で騎手が騎乗した馬!!


薄着の人たちがちらほら見え始めてきましたね。
あったかくなるとリファール系が走るそうですが。

ベンチャーナインには注目ですね〜。

さて、東西のメインレースになります。

きさらぎ賞とダイヤモンドS手(チョキ)

勝つための競馬から稼ぐための競馬に、馬券を買う人だけじゃなくて、馬に関わる全ての人がそうなっています。

つまり、勝ちに行く陣営と着を拾いに行く陣営をまず見極めなければいけないということが言われています。

勝ちに行く陣営はというと、やっぱり調教で騎手が直々に乗る。
これではないでしょうか!!

ダイヤモンドSでは、
フローテーション
ベンチャーナイン
ブレーブハート

きさらぎ賞では
リーチザクラウン
スズノハミルトン

が騎手騎乗の調教でした。

フローテーションはここで賞金を加えて、天皇賞春を狙うつもりでしょう。というか、そこぐらいしか取れそうなG1がありません。

万葉S組のタイムは、菊花賞よりも3秒ほど遅いので、今回万葉S組ははずしてもいいかもしれません。

きさらぎ賞では、
リーチザクラウン。
能力は申し分ないでしょうが、今回は作戦を変えるとのこと。抑える競馬をやるとか。
武を主戦に添えたい意志もあるでしょうから、作戦を変えてなおかつ勝つための調教といえるのではないでしょうか。

スズノハミルトンも、小頭数の中虎視眈眈という感じでしょうか。

1400の持ちタイムはかなりいいので。

もしかしたら、もしかするかもしれません。

今のところはこんな感じです!!

きさらぎ賞とダイヤモンドステークスの注目記事!!


さてさて。
きさらぎ賞とダイヤモンドSの調教の情報などが入ってきます!!

しかし、タイムとかはようわからんです!!正直(笑)


でも、僕が気にしてるのは、調教に騎手が乗っかるときは、かなり注目というか!!
そんな気がするのです!!

だって、次の競馬のレースで勝つ!!勝つことに本気ってことでしょパンチ

ダイヤモンドSでは、
フローテーション・ルメール騎手
ブレーブハート・小野次郎騎手
ベンチャーナイン・武士沢騎手

きさらぎ賞では、
スズノハミルトン・藤田騎手
リーチザクラウン・武騎手

だったかと。

特に、フローテーションは頭ひとつ抜き出た実績ですが、重賞勝ちなしということで、56キロ。ルメールさんにものってもらって。
同じ条件の京都3000の万葉Sと菊花賞で、万葉S組に3秒早いタイムを持っている。ここで勝って賞金を加えて、天皇賞春を狙いたいという狙いもあるだろう。
ルメールで天皇賞。
ある!!と思う!!
ベンチャーナインもタイムとしては万葉S組を上回っているし、菊花賞より、2キロも軽い。
十分馬券にはなると思う。

きさらぎ賞では、僕が勝手に注目してる五十嵐厩舎のスズノハミルトンには注目したい。
何かやらかしそうだ!!(笑)
ただ、今までずっと乗っていた和田騎手が東京に行ってるので、藤田騎手が代打なのか。
和田騎手を下ろしたのか。その辺で評価が難しいなぁ。


そして、武豊騎手の乗るリーチザクラウン。
ブレイクランアウトの圧倒的な強さ。トーセンジョーダンの粘り強さ。
クラシックでの戦いを考える上で、抑えての競馬は必要。
そのためのきさらぎ賞。
さらに、主戦武豊を確定させるためにも重要な一戦。勝ちに来ているのがわかる。
リーチザクラウンは軸でしょう。


今のところは、こんな感じですね〜。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。